BIM

BIM

世界で選ばれるBIM(Building Information Modeling)

BIMとは、CADソフトで作成した3Dの建築モデルに、各種寸法はもちろん、材料単価などのコスト情報、製作メーカー、施工順序など、様々なメタ情報(属性)を持たせることで、総合的な建築情報モデルを構築する技術です。建築物に関する情報を集約し、設計から生産までの業務効率を劇的に高めるツールとして、今や建築ワークフローにとって無くてはならない存在となっています。BIMで建築モデルを構築することによって、プレゼン用のCGパースの作成から、従来通りの2次元図面の生成、さらには積算や確認申請図書の作成まで、建築のあらゆるプロセスを効率化できます。

欧米を始めアジアの各国でもBIMは既にスタンダードなCAD技術として認知されており、世界に通じる建築技術を持つ日本でもBIMの早期導入やエンジニアの育成に対するニーズが年々高まっています。

北米のBIMの普及率のグラフ:過半数の建築プロジェクトでBIMを使用する企業が急増している一方、BIMをほとんど使用しない企業はなくなりつつある

FEATURES

BIMと従来の2次元CADとの比較

  BIM 従来の2次元CAD
設計 3次元 2次元
図面連動 平面図・立面図・断面図のリアルタイム連動 非連動
プレゼンテーション パースやVRデータの生成が容易 手書きもしくは別作業
シミュレーション 構造解析・温熱解析との連動 手計算もしくは別作業
積算・発注 部材のメタ情報による自動化 手びろいもしくは別作業
現場 仕様の可視化による問題点の共有 2次元図面でのわかりにくい確認
竣工後の管理 図面や部材の情報などをIT化で一元管理 書類が分散して管理が困難